*

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセアニア勢の取引が中心で取引量が少なくなります。そのため、値が飛びやすかったり、大口取引があると値動きが大きくなるなど、予想外の為替

続きを見る

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって、どのような特性があるかを頭に入れておきましょう。 東京市場は米ドル/円やアジア通貨取引、ニューヨーク(NY)市場は米ドル/

続きを見る

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間特性があるので、全体的な特徴をつかんでおくことが大事です。 なかでも取引量が増えるのは、世界の3大市場である東京、ロンドン、

続きを見る

ボラティリティーが小さい日本時間帯を上手に利用する

1日中、為替のトレードを続けると、時間帯によってボラティリティーが大きい時間帯と小さい時間帯があることがわかります。 その1日の時間特性を知っておくことは重要です。 スキャルピング

続きを見る

トレードをやめる勇気

トレーダーのなかには、常にポジションを持っていないと気が済まない人がいます。ポジションを持たなければ、「面白くない」と考える人の気持ちは理解できますが、このような行動は感心できません。

続きを見る

スキャルピングでは、「両建て」はやらない

スキャルピングにおいては、「両建て」によるリスクヘッジは、原則的に行いません。すでにおわかりのようにエントリー⇒イグジットの順番で必ずサインが出るので、両建てを行う局面が訪れないからです。

続きを見る

スキャルピングをするときは成行注文で発注

スキャルピングをするときは、原則的にパソコンに張り付くので成行注文で発注します。なぜなら、指値注文をすると指値を入力をしている間に相場が大きく動くことが少なくないからです。 数pipsの

続きを見る

「しっかりとしたトレードテクニック」と「明確な損切り」を身につける

スキャルピングで生き残るために必要な「しっかりとしたトレードテクニック」と「明確な損切り」の力を養成するためのトレーニングを紹介しましょう。 「もっと儲けたい」「あと2pips伸びたら利

続きを見る

知識や情報よりもスキャルピングで必要なのは実践

トレードが上手くなるには、専門家などを含む他人を頼ってはいけません。アナリストの「経済情報」や「相場観」を基にトレードしても、スキャルピングで勝ち続けるまず不可能です。 スキャルピングの

続きを見る

テクニカル指標は一見使いやすいが使いこなすのが難しい

FXにかぎらず、株式など投資を行う際の分析方法として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が広く用いられています。しかし、ここでは基本的にフアンダメンタルズ分析もテクニカル分析も用いることな

続きを見る

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑