*

テクニカル指標は一見使いやすいが使いこなすのが難しい

公開日: : FXスキャルピングの手法

44

FXにかぎらず、株式など投資を行う際の分析方法として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が広く用いられています。しかし、ここでは基本的にフアンダメンタルズ分析もテクニカル分析も用いることなく、スキャルピングでトレードします。

そもそも、場合によっては数秒でエントリーからイグジットまでを完結するスキャルピングにおいて、悠長に分析をしている時間はありません。

その意味で、経済指標などを参考するフアンダメンタルズ分析は、スキャルピングにはまったく合わない分析方法といえます。

一方、テクニカル指標はフアンダメンタルズ分析に比べ、スキャルピングに向いた分析方法です。しかし、これまでテクニカル分析について試してきた結果、「チャートに最初から実装されているような基本的なテクニカル指標では長期間に渡って勝ち続けるのは難しい」というのが結論です。

「もともとあるテクニカル分析の手法を複雑に考える必要はない」「簡単な手法ほどよい」、「特別なテクニカル指標を使わなくても、ありふれたものでも十分儲かる」という主張をよく目にします。

しかし、こんな主張を聞くたびに「うらやましい」と思ってしまいます。

もし誰もが利用できるテクニカル指標で勝ち続けられるとすれば、FX長者だらけになるはずですが、そこまでの成績を残している人を知りません。

テクニカル指標に基づくトレードして、数え切れないほどの失敗をしてきました。テクニカル指標を見ながら、今後の相場を予測して、その予測が当たれば利益、外れれば損失、ということを繰り返してきました。結局、理想の結果に至ることはできませんでした。

テクニカル指標には「だまし」がありますし、指標によって得意な相場局面、不得意な相場局面があるなど、状況に応じて使い分けないといけません。

そもそもテクニカル指標の「だまし」が「だまし」とわかるのは、エントリー時点ではなく、ある程度の時間が経ったあとです。結果として「あのときのサインはだましだった」とわかります。

ですから、一般的に知られているテクニカル指標の多くは、簡単に理解できますが、実際に使いこなすのは想像以上に難しいのです。

さまざまなテクニカル指標をみていると、ほぼ同じタイミングでA指標では「買いサイン」、B指標では「売りサイン」とまったく反対のサインが出ることもありますから、知れば知るほど混乱することもあります。

一見使いやすいテクニカル指標ですが、その使い方の難しさを実感しています。

 

 

関連記事

「しっかりとしたトレードテクニック」と「明確な損切り」を身につける

スキャルピングで生き残るために必要な「しっかりとしたトレードテクニック」と「明確な損切り」の

記事を読む

FXスキャルピングのいいところはストレスが少ないこと

FXスキャルピングのいいところは、何といってもポジションを持っている時間が短いので、ストレス

記事を読む

複数の時間足の移動平均線を利用する

チャートソフトのメタトレーダー4(MT4)には、1つの時間足チャートに複数の時間足の移動平均

記事を読む

ルールを守らずにFXに勝ったのは単なる偶然

たとえイチロー選手でも、すべての打席でヒットを打てるわけではないように、FXでもすべてのトレ

記事を読む

FXでシナリオを描くのは損切りのポイントを明確にするため

よく「シナリオがうまく描けません」と質問されることがあります。シナリオを描くのは、将来の値動

記事を読む

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑