*

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

37

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって、どのような特性があるかを頭に入れておきましょう。

東京市場は米ドル/円やアジア通貨取引、ニューヨーク(NY)市場は米ドル/ユーロを中心にさまざま通貨の対米ドル取引が行われます。また、ロンドン市場は現地時間午前が東京市場、同午後がNYと重なる両市場の橋渡し役になっており、クロス取引が盛んなのが特徴です。

・日本時間5:00~6:00(標準時間、以下同)

ウェリントン市場(ニュージーランド)がオープンを皮切りに、シドニー市場(オーストラリア)がオープンします。この時間帯は、市場参加者は少ないため、値が飛んだり、荒っぼい値動きになることが少なくありません。

・日本時間8:00

日本市場が本格的に動き始めます。

・日本時間9:55

日本の銀行の「仲値」が発表される時間です。仲値は銀行の窓口などで両替をする際の基準レートで、その日一日は基本的にその仲値が適用されます。個人が海外旅行へ行く際に行う外貨の両替や外貨預金の交換レート、物品を購入した企業の決済は、この仲値で行われます。

とくに企業の決済日になる5、10がつく日は、大量のドル買い注文が出ることがあり、相場が大きく動くことがあります。

・日本時間15:00

日本時間の15時は、東京市場の行使期限のオプションが消滅する時間です。いわゆる「東京カット」と呼ばれる行使期限です。

この時間を境に売り注文が一気になくなってしまったり、売り優勢の相場が買い戻しに転じるなど、それまでの流れが変わることがあるので注意が必要です。

・日本時間16:00

この時間になるとロンドン市場が動き始めます。東京市場とロンドン市場が重なるため取引量が多くなるので、相場が動きやすい時間帯です。

・日本時間21:00

NY市場が動き始めます。ロンドン市場と重なる時間なので、取引がかなり活発になります。相場が動きやすい時間帯です。

・日本時間22:30

アメリカの経済指標が発表される時間。とくにアメリカのGDPや雇用統計、貿易収支といった重要指標の内容にサプライズがあると、発表直後から突然嵐がやってきたかのようにボラティリティーが急激に高くなることがあります。

・日本時間0:00

日本時間午前0時はNY市場の行使期限オプションが消滅する時間です。ほとんどのオプション取引はこの時間が期限になります。オプションの取引量が多くなるため、より細心の注意が必要です。また、米国の経済指標が発表される時間でもあるので要チェックです。

・日本時間1:00

ロンドン市場は、この時間を境に取引量が減少します。

・日本時間7:00

アメリカ勢の取引量が減るため、流通量が減少。このときには、すでにウェリントン市場など、オセアニア勢も参加しています。

指標発表の時間は、各国、各指標ごとに異なるので、毎日、指標発表や重要イベントがないかを確認するようにしましょう。FX業者のホームページや投資情報サイトなどを使うと、簡単に調べることができます。

 

 

関連記事

スキャルピングは利益確定が第一

一般的にスキャルピングというと、「勝っていても負けていても素早く決済して、次から次へとポジシ

記事を読む

スキャルピングで勝てない時を自己分析する

どんな人でもスキャルピングを始めて1カ月もすると、かなりの数の「負けトレード」が貯まるはずで

記事を読む

急上昇や急下降のリバウンドを狙った逆張りスキャルピング

ローソク足がグーンと大きく動いたら、グーンと戻される事がよくあります。それは、急激に大きく動

記事を読む

FX手法を手に入れたらどう使いこなすか

FX入門書の内容は、あくまでも「教科書的」な基本中の基本。入門書だけ読んでトレードを始めるの

記事を読む

テクニカル指標は一見使いやすいが使いこなすのが難しい

FXにかぎらず、株式など投資を行う際の分析方法として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

記事を読む

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑