*

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

36

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセアニア勢の取引が中心で取引量が少なくなります。そのため、値が飛びやすかったり、大口取引があると値動きが大きくなるなど、予想外の為替変動が突発的に起こることがあります。

この時間帯は「魔の時間帯」で、早朝にかけて手持ちポジションの含み損がかなりのスピードで膨らみ、体が震えて心臓の鼓動が激しくなったという苦い思い出もあります。

会社勤めしている人であれば、必然的にこの時間にトレードすることはないと思いますが、この時間に起きていても積極的にはトレードしていません。

ロンドン市場が開く夕方16時(標準時間)ころからトレードに本腰を入れ始め、NY市場が開く夜22時過ぎから翌1時前後までをメインのトレード時間になっています。

この時間帯は適度なボラティリティーがあり、取引量が多くなるため、価格の歪みが発生しやすく、スキャルピングのトレードチャンスが多く出現するからです。

なかでもロンドン市場とNY市場のオープニングは金融機関が大口注文を出すので、相場が大きく動きやすく、価格の歪みが生まれやすくなっています。

ただし、ロンドン市場とNY市場のオープニングを境に、それまでの為替相場の潮目が変わることも少なくないので、エントリーは慎重に行う必要があります。

状況によっては、価格の歪みが修正されずに大きくなり続けることがあります。このとき、いつものルールでトレードすると、ナンピンを3回しても、ナンピンが仇になり、結局すべてのポジションで損切りになってしまうこともあるのです。

ですから、たとえ20pips以上の価格の歪みが起こっても、すぐにエントリーするのではなく、相場の方向性を見極める必要があります。

ロンドン市場の動きが本格化するのが日本時間16:00なら、16:01の1分足が確定するまで様子見します。その1分足の方向性が、新たな相場の方向性を示唆することが多いからです。

それでも、方向性が見えなかったり、ボラティリティーが急激に大きくなったら、エントリーは控えるようにしましょう。

 

 

関連記事

FXは勝つ確率で優位性を持つ

そもそもエッジは、カジノなどで行われるギャンブルで使われる言葉です。カジノの場合は、基本的に

記事を読む

デモトレードは少なくとも1か月はする

デモトレードも、1回や2回ではなく、少なくとも1か月間くらいはトレードして、トータルの損益を

記事を読む

スキャルピングのデモトレード

たとえば、プロ野球のバッターは、ピッチャーが投げる150kmの速球を打ち返します。彼らに打ち

記事を読む

リスクを極力抑えたトレード手法をしっかりと練習をする

一気に数千万円儲けようとか、短期間で数億円稼ごうという事は言いません。短期間で大きく儲けよう

記事を読む

2通貨ペア間の価格の歪みを見つけ出す手法

米ドル/円とクロス円の価格を注意深く観察していると、先に紹介した数式通りのレートになることは

記事を読む

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑