*

スキャルピングでの損切りの考え方

損切りの考え方も、デイトレとは異なります。 デイトレでは、エントリーしたらまず損切りを入れて、様子を見ながらリミットを入れるという順番です。 スキャルピングは逆に、短時間勝負ですぐ

続きを見る

スキャルピングはリミットがデイトレより圧倒的に早くなる

エントリー、利確(リミット)、損切りの根拠を持つという点では、基本的にデイトレもスキャルピングも、シナリオの描き方は同じです。 ただし、スキャルピングはリミットが圧倒的に早くなります。

続きを見る

レンジ相場でのスキャルピングでは小さく利確する

レンジ相場でのスキャルピングでは、バッチリのタイミングでエントリーできたとしても、20~30pipsがマックス。 「それくらい取れればラッキー」くらいに考えておきましょう。 「レン

続きを見る

レンジ相場でのスキャルピングの基本

レンジ相場では、上昇を抑えるレジスタンス(抵抗線)&下降を支えるサポート(支持線)があります。これらのラインになるべく引き付けてエントリーします。 具体的に言うと、レンジ上限のレジスタン

続きを見る

逆張りスキャルピングの乖離率を使った手法

逆張りスキャルピングの代表的なものは、75SMAなどの移動平均線を基準にした乖離率を使った手法があります。 例えば、1分足でレートが大きく下落し、ローソク足が75SMAから大きく離れた時

続きを見る

エントリーの目安は抵抗

スキャルピングは、ピンポイントでちょうどいいエントリーをする必要があります。 デイトレでは少々ずれても大きな痛手にはなりませんが、数pipsから10pipsくらいを狙っていくスキャルピン

続きを見る

6割の勝率を越えることが、FXスキャルピングでの「勝ち」

勝率6割の手法なら、100回トレードしたら60勝40敗です。そう聞くと、もっと負けの回数を減らして、勝ちの回数を増やしたいと思ってしまうところですが、最初からそんなに都合のいいようにはいきませ

続きを見る

スキャルピングはデイトレよりも勝率にこだわる

1回1回の勝ち負けは気にせず、60勝40敗でもトータルで勝っていれば勝ち、というのがFXの基本的な考え方です。が、これはあくまでもデイトレの話。スキャルピングでは、少々事情が異なってきます。

続きを見る

多くのトレーダーが愛用してるすぐれもの「MT4」

MT4というのは、ロシアの会社が開発したチャートソフトで、世界中のプロから個人投資家まで、多くのトレーダーが愛用しています。 テクニカルツールは、標準装備でも約70種類、Web上に無料で

続きを見る

おすすめのマルチタイム移動平均線の使い方

モニター1画面で1分足を見てスキャルピングをしようとすると、5分足、15分足、1時間足と、カチャカチャ画面を切り替えて、効いている移動平均線などの「抵抗」を探さなければなりません。 でも

続きを見る

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑