*

「 勝率 」 一覧

6割の勝率を越えることが、FXスキャルピングでの「勝ち」

勝率6割の手法なら、100回トレードしたら60勝40敗です。そう聞くと、もっと負けの回数を減らして、勝ちの回数を増やしたいと思ってしまうところですが、最初からそんなに都合のいいようにはいきませ

続きを見る

スキャルピングはデイトレよりも勝率にこだわる

1回1回の勝ち負けは気にせず、60勝40敗でもトータルで勝っていれば勝ち、というのがFXの基本的な考え方です。が、これはあくまでもデイトレの話。スキャルピングでは、少々事情が異なってきます。

続きを見る

スキャルピングFXでは勝率60%が必要

損益率が低くても勝率さえ高ければ被産はしませんが、とはいえ、「損益率が低くてもいい」とは思っていません。もちろん、損益率を上げるための努力も必要です。 しかし、損益率が高くても意外に破産

続きを見る

スキャルピングでは「勝率を上げる」ことが大事

スキャルピングをするにあたって「勝率」を重視します。勝率を自慢したいからではありません。勝率こそがメリットと考えているからです。 常に勝率80%以上をキープすることを目標としています。そ

続きを見る

ロンドン市場とNY市場のオープニング時間のエントリーは慎重に

ニューヨークが取引を終了して、東京市場が開く前の時間帯は、オセ

日本時間で為替相場の1日の流れをつかむ

為替相場の1日の流れを日本時間で追っていきます。時間帯によって

世界の3大市場のオープニングには注意

為替取引は、時間帯によって取引量が大きく異なり、値動きにも時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑